漢方の可能性を患者さんに

産婦人科漢方研究会

女性のトータルケアをめざして漢方薬で心と身体を元気に
女性のトータルケアをめざして漢方薬で心と身体を元気に

「令和6年能登半島地震」の
お見舞いを申し上げます。

2024年(令和6年)1月1日に発生した、
「令和6年能登半島地震」により
犠牲になられた方々に
お悔やみを申し上げます。

また被災者の皆様には、
心よりお見舞いを申し上げますと共に、
皆様の安全と一日でも早い復旧を
祈念申し上げます。

新着情報

2024.01.05
第43回産婦人科漢方研究会学術集会の演題募集を開始しました。
2023.12.12
漢方ショートレクチャーの視聴ページ(会員用)を公開しました。
2022.06.27
会員システムを導入しました。
(「入会、変更案内」のページをご覧ください)
2022.04.16
トップページのURLを変更いたしました。 ブックマーク(お気に入り)に登録されている方は、お手数ですがアドレスの変更をお願いします。
2022.04.16
「会員登録窓口」を変更いたしました。
(「入会、変更案内」のページをご覧ください)

第43回産婦人科漢方研究会学術集会

開催並びに演題募集開始のお知らせ

謹啓

小寒の候、先生におかれましては益々御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

第43回産婦人科漢方研究会学術集会の演題募集を2024年1月5日(金)正午より開始いたします。
多数のご応募を賜り、有意義な学術集会となりますよう、ご協力をお願い申し上げます。

謹白
産婦人科漢方研究会
学術集会 共催事務局

演題登録はこちらから

【演題登録締め切り】
2024年4月26日(金)  ※要旨は、800字以内でご登録ください。

【投稿規定】
以下のチラシをクリックしてご参照ください。

第43回学術集会開催概要

日時 2024年9月1日(日) 8:30~16:15(時間は予定)
会場 ホテル日航福岡
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前2丁目18番25号
TEL 092-482-1111
会長 加藤 聖子(九州大学)
開催形態 Hybrid(人数を制限した現地開催+Web配信)
共催 産婦人科漢方研究会/株式会社ツムラ
学術集会 共催事務局 sanfujinka@mail.tsumura.co.jp

以上

漢方ショートレクチャー

漢方ショートレクチャーのご案内

会員の皆様にご好評をいただきました、漢方ショートレクチャーを、期間限定で再度配信させていただくこととなりました。ご自身の会員マイページにログインいただき、ご視聴いただきますようよろしくお願い申し上げます。

産婦人科漢方研究会

配信終了:2024年8月30日(金)17時

視聴はこちら(会員システムへ)

ご自身の会員マイページにログイン後、マイページに記載のIDとパスワードにて視聴ページにお入りいただけます。
会員限定コンテンツとなるため、非会員の先生は【新規入会】のお手続きをお願いします。

 

会員システムについて

会員システム導入のお知らせ

会員システムを導入しました。
会員の方は「会員システムへ」ボタンから、ログインIDとパスワードにてマイページにログインし、以下機能をご利用いただけます。

  • 研究会誌最新号の閲覧
  • 会員情報の確認・変更
  • 年会費の納入状況の確認
  • 退会手続き

※年会費のお支払い(クレジットカード/銀行振込)及び領収書のダウンロードについては、2023年2月に対応予定です。

会員システムへ

※ログインID・パスワードをお知りになりたい場合

  • ●メールアドレス登録済
    「会員システムへ」ボタンから再発行のお手続き後、ご登録のメールアドレスに自動メール配信されます。
  • ●メールアドレス未登録
    会員登録窓口(sanfujinka@jtbcom.co.jp)までお問い合わせください。

【メールアドレスご登録のお願い】
メールアドレス未登録の会員の先生方におかれましては、会員登録窓口からのログイン情報通知後、会員システムからの各種お手続き完了メールや事務局からのお知らせを受領できるよう、会員システムのマイページ内「変更手続き」タブよりメールアドレスをご登録いただけますようお願いいたします。

新型コロナウイルスへの感染拡大防止の観点から、共催事務局ではテレワークを実施しております。
たいへんお手数ではございますが、当面の間、ご連絡いただきます際は、メールにてお問合せいただきますようお願い申し上げます。

学術集会 共催事務局
メールアドレス:sanfujinka@mail.tsumura.co.jp

学術集会のページ

沿革

産婦人科漢方研究会の前身である日本産婦人科漢方研究会は竹内 正七 先生(新潟大学 教授)、坂元 正一 先生(東京女子医科大学 教授)を中心として1981年に創設され、以来、毎年日本産婦人科学会の最終日に開催された。記録集である「産婦人科漢方研究のあゆみ」は第3回漢方研究会から作成、出版された(1984年)。
その後、1995年より本研究会は学会とは連携せず、独自に「産婦人科漢方研究会」として新たに出発した。 これに従い名称から日本がとれ、これまでは春の学会最終日夕刻の2~3時間に限られていたが、9月に独立して開催される事となった。

PAGE TOP ▲